岐阜の魅力、旅で感じて ガイド本出版社が東京で展示会 − 岐阜新聞 Web
岐阜の魅力、旅で感じて ガイド本出版社が東京で展示会
2016年03月02日09:33
写真:岐阜の魅力、旅で感じて ガイド本出版社が東京で展示会
民芸品などを展示して「岐阜らしさ」を紹介している会場=東京・渋谷、渋谷ヒカリエ

 岐阜県の魅力をライフデザインや旅の視点から紹介する展示会「ディデザイントラベル岐阜展」が、東京・渋谷の渋谷ヒカリエのd47ミュージアムで開かれている。4月10日までの会期中、岐阜ならではの民芸品や日用品、料理などを紹介するほか、岐阜県と連動した企画も開催する。

 全国各地を紹介している旅行ガイド本「ディデザイントラベル」の岐阜号を3月に発刊するのに合わせ、出版元のディアンドデパートメント(東京都渋谷区)が開いた。

 会場には「長く続くいいものを案内する」とのテーマで、飛騨の木工家具や長良川鉄道の車両部品、円空像、飲食店ののれんなど多彩なアイテムをガイドブックの構成に合わせて紹介。まちづくりなど地域のキーマンとして活躍する人の紹介、県産品の販売なども行っている。

 出版に向けて同社の編集長が2カ月間、県内に住んだといい「よそ者目線で見つけた岐阜らしさを伝えたい」(同社)としている。

 会期中は、会場に隣接した食堂で鶏ちゃんなど郷土料理の「岐阜定食」を提供するほか、編集長が取材の裏話を語るトークショー、岐阜を題材にした新作落語会などを予定している。