結んだ友情永遠に 斐太高校で「白線流し」 − 岐阜新聞 Web
結んだ友情永遠に 斐太高校で「白線流し」
2016年03月02日09:43
写真:結んだ友情永遠に 斐太高校で「白線流し」
結んだ白線とスカーフを川に流す卒業生=1日午後、高山市三福寺町

 岐阜県内の公立高校で卒業式が行われた1日、高山市三福寺町の斐太高校で、卒業生が学帽の白線とセーラー服のスカーフを結んで川に流す伝統の「白線流し」があった。

 永遠の友情を誓う行事で、70年以上前に始まったとされる。

 3年生277人が卒業式の後、学校前の大八賀川へ。在校生や父母らが見守る中、「ありがとう斐太高校」などと叫びながら、学級ごとに一本につないだ白線を流し、高校生活に別れを告げた。