電車と車衝突、2人死亡 名鉄各務原線、踏切内に進入 − 岐阜新聞 Web
電車と車衝突、2人死亡 名鉄各務原線、踏切内に進入
2016年03月06日11:20

 6日午前5時50分ごろ、岐阜県各務原市鵜沼各務原町1丁目の名古屋鉄道各務原線二十軒―名電各務原間の踏切で、名鉄岐阜発新可児行き急行電車(4両編成)と乗用車が衝突、乗用車の男性2人が死亡した。電車の乗客乗員計16人にけがはなかった。

 各務原署によると、現場は遮断機と警報機がある踏切で、事故当時は遮断機が下りていた。乗用車は前方右側が大破していた。同署は2人の身元確認を急ぐとともに、実況見分をして事故の原因を調べている。

 名鉄によると、三柿野―新鵜沼間の上下線で約3時間運転を見合わせた。計20本が運休し、約1500人に影響が出た。