植物生かし環境改善 国内外専門家ら意見交換 岐阜市 − 岐阜新聞 Web
植物生かし環境改善 国内外専門家ら意見交換 岐阜市
2016年03月06日09:40
写真:植物生かし環境改善 国内外専門家ら意見交換 岐阜市
「アジアの花きの活用と輸出入」をテーマに行われたパネルディスカッション=岐阜市長良、岐阜グランドホテル

 花きの文化や活用方法について学ぶ「国際花きシンポジウム」(岐阜県主催)が5日、岐阜市長良の岐阜グランドホテルで開かれ、アジア各国の専門家らによる講演やパネルディスカッションが行われた。

 岐阜新聞・ぎふチャンなど後援。花き振興のために初めて開かれ、国内外の花き関係者ら約800人が参加した。インドの環境研究家カマール・メトルさんが「植物の効果・効用について」と題して講演。空気中の有害物質を除去し酸素を大量に供給するアレカヤシやサンセベリアなど空気浄化効果の高い植物を挙げ、「空気の質が良くなれば、認知能力や意思決定の迅速化、エネルギー循環の向上、電気代の節約につながる。家庭やオフィスで植物を積極的に取り入れて」と話した。

 各国の花き協会の会長や関係省庁の担当者らによるパネルディスカッションも行われ、「アジアの花きの活用と輸出入」をテーマに意見を交わした。