共同研究へ協定締結 岐阜医療科学大と県保健環境研 − 岐阜新聞 Web
共同研究へ協定締結 岐阜医療科学大と県保健環境研
2016年03月08日08:54
写真:共同研究へ協定締結 岐阜医療科学大と県保健環境研
協定書の書面を交わした間野忠明学長(右)と樋口行Q所長=岐阜県関市市平賀、岐阜医療科学大学

 岐阜医療科学大(岐阜県関市市平賀)と県保健環境研究所(各務原市那加不動丘)は7日、大学教員と学生、職員間の交流や、共同研究などの分野で協力することを盛った協定を締結した。

 インターンの学生の受け入れや研究所職員による大学での講義などを行う。また、同大の持つ電子顕微鏡や研究所の所有する精密質量分析計などをそれぞれ利用し合うことも明記。食中毒や大規模感染症など保健分野の事案発生時には、同大が検査、分析に協力する。

 同大であった締結式で、間野忠明学長は「研究所と学生、教員との共同研究ができれば。学生の就職先にももつなげたい」と述べ、研究所の樋口行Q所長は「さまざまな分野で協定による成果を生み出したい」と期待を表明した。