びょうぶ絵に親鸞の歩み 漫画家井上雄彦さん制作 − 岐阜新聞 Web
びょうぶ絵に親鸞の歩み 漫画家井上雄彦さん制作
2016年03月20日08:38
写真:びょうぶ絵に親鸞の歩み 漫画家井上雄彦さん制作
漫画家井上雄彦さんが描いた親鸞のびょうぶ絵が展示されている和室=大垣市伝馬町、大垣別院

 「スラムダンク」や「バガボンド」などの作品で知られる漫画家井上雄彦さんが描いたびょうぶ絵「親鸞」の特別公開が19日、大垣市伝馬町の大垣別院で始まった。県内では初めての公開。20日午後3時まで。

 びょうぶは六曲一双で、真宗大谷派の宗祖親鸞聖人750回御遠忌を記念して、東日本大震災の直前の2011年3月に制作。井上さんは、京都の比叡山など親鸞ゆかりの地を巡って民衆と共に歩む親鸞の姿などを描き、東日本大震災の被災地を訪れて加筆した。

 同院では20日まで、彼岸会に合わせたイベント「ごえんきマルシェ ごぼさん ほっこり市」を開催。19日は落語会やバンド演奏、西濃地域の福祉施設のバザーなどが行われ、家族連れら大勢の参拝客でにぎわった。

 20日は、午前10時から午後3時まで軽トラ市などが開かれ、地元農家の新鮮野菜や南濃みかん、手作りスイーツや雑貨などを扱う27店舗が出店する。