リズムに乗って、弾む心 県交響楽団演奏会 − 岐阜新聞 Web
リズムに乗って、弾む心 県交響楽団演奏会
2016年03月22日08:52
写真:リズムに乗って、弾む心 県交響楽団演奏会
打楽器を効果的に織り交ぜて迫力ある演奏を響かせる団員ら=岐阜市長良福光、長良川国際会議場

 岐阜県交響楽団による岐響ファミリーコンサートが21日、岐阜市長良福光の長良川国際会議場で開かれた。「ダダダ打〜ん!!」をテーマに特徴的なリズムを刻む曲や、打楽器を効果的に用いた演奏で約1300人の聴衆を引き込んだ。

 春恒例の公演で、団員ら約100人が出演。ホルストの組曲「惑星」より火星や、ベートーベンの交響曲「運命」など9曲を演奏した。

 このうち、怪獣映画ゴジラのテーマを含む「SF交響ファンタジー第1番」は、どらなども織り交ぜてダイナミックに演出。交響曲「岐阜」第4楽章では、高校生の和太鼓も入って力強い響きで生のエネルギーを表現し、来場者を魅了していた。