ハクモクレン春ロード 関市 − 岐阜新聞 Web
ハクモクレン春ロード 関市
2016年03月25日08:16
写真:ハクモクレン春ロード 関市
かれんな白い花を咲かせるハクモクレン=24日午後、関市市平賀、県道関金山線

 岐阜県関市内の県道関金山線沿いのハクモクレンが見ごろを迎え、純白のかれんな花が、行き交う人を楽しませている。

 平成こぶし街道と呼ばれる県道沿いには20年以上前に、いずれもモクレン科のコブシやハクモクレンが多数植えられた。花は同市から下呂市金山町の国道41号に接続するまでの全長約39キロで楽しめる。

 関市市平賀から加茂郡富加町にかけてはハクモクレンが枝いっぱいに咲き誇り、甘い匂いを漂わせている。同郡七宗町辺りではまだちらほらだといい、4月初旬ごろには満開になるという。