濃飛横断道8.1キロ開通 「和良金山道」と「金山下呂道」 − 岐阜新聞 Web
濃飛横断道8.1キロ開通 「和良金山道」と「金山下呂道」
2016年03月27日09:14
写真:濃飛横断道8.1キロ開通 「和良金山道」と「金山下呂道」
テープカットをして開通を祝う関係者ら=下呂市金山町乙原

 岐阜県郡上市和良町方須と下呂市保井戸を結ぶ濃飛横断自動車道「和良金山道路」と「金山下呂道路」の計8.1キロが開通した。これにより、東海北陸自動車道郡上八幡インターチェンジ(IC)から下呂温泉までの距離が約18キロ、時間にして約25分短縮された。

 金山下呂道路5.4キロは1997年度、和良金山道路2.7キロは2008年度に事業着手。12年7月にささゆりトンネルを含む5.1キロの部分供用が始まり、今年3月に残る3キロが完成した。総事業費は約319億円。

 下呂市金山町乙原の和良金山トンネル前で行われた開通式典には、古田肇知事、地元県議、濃飛横断自動車道事業促進期成同盟会長の野村誠下呂市長など関係自治体の首長ら約200人が出席した。古田知事は「待ちに待った開通。下呂温泉へのアクセスが格段に向上することで、その効果は計り知れない」とあいさつ。

 地元和太鼓グループの太鼓演奏に続いて、出席者がテープカットやくす玉割りなどをして盛大に開通を祝った。