岐阜基地の滑走路「長〜い」 500人がウオーク楽しむ − 岐阜新聞 Web
岐阜基地の滑走路「長〜い」 500人がウオーク楽しむ
2016年04月24日08:42
写真:岐阜基地の滑走路「長〜い」 500人がウオーク楽しむ
普段は立ち入ることのできない滑走路を思い思いに歩く参加者=23日午前11時51分、各務原市、航空自衛隊岐阜基地

 岐阜県各務原市の航空自衛隊岐阜基地で23日、普段は立ち入ることができない滑走路を歩く催し「ランウェイウォーク」(岐阜新聞・ぎふチャンなど後援)が開かれた。滑走路が一般に開放されるのは初めてで、抽選で選ばれた500人が思い思いのペースで歩き、爽やかな汗を流した。

 県内各地で9月に開催される「第70回全国レクリエーション大会」のPRイベントとして県レクリエーション協会(渡邉丈展会長)が主催。全国各地から2057人の応募があった。

 県岐阜商高校吹奏楽部に先導されて一斉にスタート。展示された戦闘機F−15や次期輸送機XC−2などを眺めながら、幅約50メートル、長さ約2・7キロの滑走路を歩いた。

 親子3人で参加した同市小佐野町の清水進さん(44)は「近くに住んでいるのに、滑走路がこんなに長いとは知らなかった。めったにできない体験ができ、親近感が湧いた」と話していた。