岐阜Aが優勝 都道府県対抗アマゴルフ − 岐阜新聞 Web
岐阜Aが優勝 都道府県対抗アマゴルフ
2016年10月28日09:14
写真:岐阜Aが優勝 都道府県対抗アマゴルフ
大会会長の碓井洋岐阜新聞社長(左)に優勝の栄誉をたたえられる岐阜Aチームの(右から)上田崇宏、佐分利忠和、長谷川正宏=27日午後4時6分、関市山田芳洞、岐阜関CC

 第34回全国都道府県対抗アマチュアゴルフ選手権(全国新聞社事業協議会主催、岐阜新聞社主管)最終日は27日、関市の岐阜関カントリー倶楽部東コースで行われ、初日トップで折り返した岐阜Aチーム(佐分利忠和、長谷川正宏、上田崇宏)が、2日間トータル452で、2位に5打差を付け、岐阜県が10年ぶり2度目の優勝を決めた。開催都道府県の優勝は5度目。

 大会は本紙創刊135年記念事業の一つ。岐阜Aチームは、上田が2日間で146の個人2位、佐分利が同149の同4位でホールアウト。長谷川は、4バーディーを奪うなど奮起し、同157にまとめた。主将の佐分利は優勝スピーチで「地元で優勝でき、感無量の一言」と涙を浮かべて喜んだ。

 大会は日本ゴルフ協会、中部ゴルフ連盟、県ゴルフ連盟、県、岐阜市、関市が後援。あいおいニッセイ同和損害保険の協賛、岐阜関カントリー倶楽部の特別協力。