初滑り、白銀に舞う 郡上市で3スキー場オープン − 岐阜新聞 Web
初滑り、白銀に舞う 郡上市で3スキー場オープン
2016年11月12日09:29
写真:初滑り、白銀に舞う 郡上市で3スキー場オープン
初滑りを楽しむスノーボーダー=11日午後1時29分、郡上市高鷲町、ホワイトピアたかす

 岐阜県郡上市の三つのスキー場が11日、冬季の営業を開始した。各スキー場ではオープンを待ちわびたスノーボーダーやスキーヤーが初滑りを楽しんだ。

 冬季営業を開始したのはホワイトピアたかす(郡上市高鷲町)と鷲ケ岳スキー場(同)、ウイングヒルズ白鳥リゾート(同市白鳥町)。

 昨年、鷲ケ岳スキー場と業務提携し、共通券で相互乗り入れが可能になったホワイトピアたかすでは、約1カ月前から人工造雪機で雪を作り、長さ約千メートルのコースを整備。この日は約300人の来場者が思い思いに滑りを楽しんだ。

 石川県スキー連盟のコーチ松下みなとさん(25)は指導する子どもたちと訪れ「北海道のスキー場へ行く前に毎年ここに滑りに来ている。昨年よりも雪が多い感じ。初日としては十分なコース」と話した。

 ホワイトピアたかすを運営する奥長良観光開発の谷口美徳社長(58)は「金曜日としてはまずまずの入り。土日の天候に期待したい」と話した。