瓢ケ岳山頂を駆ける 第1回トレイルラン − 岐阜新聞 Web
瓢ケ岳山頂を駆ける 第1回トレイルラン
2016年11月24日09:15
写真:瓢ケ岳山頂を駆ける 第1回トレイルラン
地元の登山客らに見送られながら走る出場者=美濃市片知、瓢ケ岳山頂

 第1回美濃ふくべトレイルラン(実行委員会主催、岐阜新聞・ぎふチャンなど後援)が23日、岐阜県美濃市片知の片知生涯学習センターを発着点に行われ、岐阜、愛知県を中心に195人が冬仕度の季節を迎えた瓢(ふくべ)ケ岳などのコースを駆け抜けた。

 美濃、郡上両市境の瓢ケ岳へ向かう尾根からの眺望が良いのに加え、走って登るコースとしても魅力的なことから開催。片知山から瓢ケ岳を抜け、高賀山を折り返すロングコース(31キロ)、瓢ケ岳周辺の登山道などを走るショートコース(16・5キロ)を設けた。

 出場者は眺望を楽しみつつ、ふかふかの落ち葉の上や岩場などを息を切らして走り、ゴールを目指した。ロングコースに出場した男性(48)=名古屋市=は「初挑戦のレース。景色がとてもいい」と、瓢ケ岳山頂を満喫していた。