金藤選手と小長谷選手 小中生に水泳指導 − 岐阜新聞 Web
金藤選手と小長谷選手 小中生に水泳指導
2016年11月27日08:53
写真:金藤選手と小長谷選手 小中生に水泳指導
子どもらに泳ぎのこつを教える金藤理絵選手と小長谷研二選手=26日午後5時2分、岐阜市南殿町、岐阜スイミングプラザ

 今夏のリオデジャネイロ五輪競泳女子200メートル平泳ぎの金メダリスト金藤理絵選手(28)=Jaked、ぎふ瑞穂スポーツガーデン=らが指導する水泳教室が26日、岐阜市南殿町の岐阜スイミングプラザで開かれ、県内の小学4年から中学3年までの約30人が一流の技を学んだ。

 憧れのオリンピック選手から直接指導を受け、水泳への興味を高めてもらおうと、同ガーデンが企画。金藤選手と、同五輪競泳男子400メートルリレーで8位入賞した小長谷研二選手(29)=岐阜西SC=が指導した。

 両選手は力強い泳ぎを披露した後、手足の動かし方など速く泳ぐための正しいフォームを子どもたちに伝授。金藤選手は両ひざが開かないように意識することで、正しい足かきをできるようにする矯正法を紹介し、子どもたちの泳ぎを見てアドバイスしていた。金メダルを見せ「難しいことに挑戦し、将来、五輪でメダルを取ってほしい」と呼び掛けた。