「なぜ今」「頑張れ」 美濃加茂市民に賛否 − 岐阜新聞 Web
「なぜ今」「頑張れ」 美濃加茂市民に賛否
2016年12月08日08:42

 岐阜県美濃加茂市の藤井浩人市長が7日、辞意と出直し市長選への立候補を表明したことに、市民からは賛否両論の声が聞かれた。

 被告人の立場で市長を続けることについて、選挙で信を問いたいという藤井市長の考えに、60代男性は「今辞めるのは遅きに失している」と指摘。農業の女性(77)も「なぜ今なのか。無罪になってから出直すべき」と話した。60代の女性は「選挙には多額の税金がかかる。再選されても任期は来年6月までなのに、出直し選挙に出るというのはおかしい」と首をかしげた。

 女性会社員(29)は藤井市長の意向に理解を示し、「今辞職することが、職務放棄とは思わない。出直し選でしっかり信を得て、市長を続けてほしい」とエールを送り、無職の男性(74)も「出直し選挙で当選してもらい、市長の思う市政を運営できるよう頑張ってもらいたい」と期待を込めた。