米ローズパレードで演奏 県岐阜商高吹奏楽部 − 岐阜新聞 Web
米ローズパレードで演奏 県岐阜商高吹奏楽部
2017年01月04日08:27
写真:米ローズパレードで演奏 県岐阜商高吹奏楽部
一糸乱れぬ演奏や演舞を披露する部員たち=2日午前(現地時間)、米カリフォルニア州パサデナ(県岐阜商業高校吹奏楽部提供)

 岐阜県岐阜商業高校(岐阜市)吹奏楽部が、米カリフォルニア州パサデナで2日(現地時間)開催された「第128回ローズパレード」に、アジア・オセアニア地域の代表として出演。生徒や卒業生142人が堂々とした演舞や演奏で約100万人の観衆を魅了した。

 米大学フットボールの全米王座決定戦「ローズボウル」を前に開催されるパサデナの一大イベント。大通りを練る華やかなフロート車やマーチングバンドを見ようと、毎年全米から観光客が訪れる。同校はNPO法人日米グリーンバンド協会(京都市)から推薦を受け、県内から初めて出場した。

 パレードは午前8時にスタート。57人が同校テーマカラーの青色を基調にした衣装で、大通り約9キロを行進した。「スリラー」など8曲を披露し、一糸乱れぬ演奏と鮮やかなフラッグさばきで観衆を沸かせた。

 主将の長谷川莉愛(まりあ)さんは「パフォーマンスの高い演奏や演技ができて、自分たちも楽しめた」と語った。

 3日は南カリフォルニア森林火災復興支援コンサート「グリーンバンドフェスティバル」に出演する。