夢と責任、大人の笑顔 県内各地で成人式 − 岐阜新聞 Web
夢と責任、大人の笑顔 県内各地で成人式
2017年01月09日09:10
写真:夢と責任、大人の笑顔 県内各地で成人式
式典後に記念写真を撮る新成人=岐阜市伊奈波通、伊奈波神社

 成人の日(9日)を前に、岐阜市など県内37市町村の95会場で8日、成人式が行われた。晴れ着やスーツ姿の新成人が式典に臨み、大人の仲間入りをした重みに浸り、夢の実現を誓った。

 県によると、今年の県内の新成人は昨年より403人多い2万2473人(男性1万1421人、女性1万1052人)で、過去5年間で最多となった。

 岐阜市では46会場で開かれた。金華小と京町小が統合してできた岐阜小を卒業した第1期生ら58人は、地元の伊奈波神社で両地区の自治会連合会が初めて合同で開いた式に出席した。

 神妙な面持ちで神事に参列した後、式典で両会長のあいさつや細江茂光市長らの祝辞に耳を傾けた。式の後は再会した恩師に近況を伝え、同級生と記念撮影をして和やかなひとときを過ごした。岐阜大2年西田愛花さん(20)は「教員になって岐阜を愛する子を育てたい」と話した。

 9日も、大垣市と不破郡垂井町で式が開催される。