台湾から聖地巡礼取材 新聞記者ら飛騨市視察 − 岐阜新聞 Web
台湾から聖地巡礼取材 新聞記者ら飛騨市視察
2017年01月19日09:11
写真:台湾から聖地巡礼取材 新聞記者ら飛騨市視察
アニメ映画「君の名は。」に登場する図書館のモデルとなった飛騨市図書館を取材する台湾のメディア関係者=同市古川町本町

 台湾メディアの取材ツアーの一行が18日、岐阜県高山、飛騨両市を訪れ、古い町並みや話題のアニメーション映画「君の名は。」のゆかりの地などを視察した。

 県の「飛騨・美濃じまん海外戦略プロジェクト」の一環で、台湾からのさらなる観光客誘致を図ろうと実施。台湾の大手新聞「中国時報」の徐力剛記者と、インターネットニューサイト「ETtoday」の彭懷玉記者を招待した。

 飛騨市では、昨年10月下旬の公開以来、台湾でも大ヒットしている映画「君の名は。」の舞台のモデルとなった市図書館やJR飛騨古川駅などを熱心に取材した。

 2人の記者は「台湾でも『君の名は。』の聖地となった飛騨市を訪れたいというファンがたくさんいる。実際の風景が映画のシーンにどのように使われているかを取材し、記事や写真で伝えたい」と話した。

 19日は高山市の朝市を取材する。


【移動編集局】「信長450」