駅ホーム転落防止 鉄道18社、ポスターで呼びかけ − 岐阜新聞 Web
駅ホーム転落防止 鉄道18社、ポスターで呼びかけ
2017年02月01日08:13
写真:駅ホーム転落防止 鉄道18社、ポスターで呼びかけ
中部の18鉄道事業者が駅ホーム転落事故防止対策で制作したポスター

 全国で駅ホーム転落死亡事故が相次いでいることを受け、JR東海や名古屋鉄道など中部の18鉄道事業者が、事故防止対策として、乗客に対し盲導犬を連れた人や妊婦への声かけを呼びかけるポスターを制作した。岐阜や愛知などの約950駅に、2日から貼り出す。

 「あなたのひと声で、あんしんを。」と書かれたポスターには、視覚障害者やベビーカーを押す女性らに、一般の乗客が「お手伝いしましょうか」「大丈夫ですか」と優しく寄り添い、声をかけるイラストが掲載されている。

 1月14日には埼玉で盲導犬を連れた男性が転落するなど、死亡事故が後を絶たない。JR東海は「在来線にもホームドアを設置する方向で検討している。ソフトとハード両面で対策を進めていきたい」と話す。