三成や関ケ原合戦、スマホで探訪 − 岐阜新聞 Web
三成や関ケ原合戦、スマホで探訪
2017年02月03日08:22
写真:三成や関ケ原合戦、スマホで探訪
スタンプを集めるスマートフォンの画面=不破郡関ケ原町関ケ原、笹尾山

 西美濃地域にある石田三成や関ケ原の戦いにまつわる史跡などを巡り、スマートフォンでスタンプを集める「三成の生涯と関ケ原合戦をたどるスマホスタンプラリー」(岐阜県主催)が実施されている。3月21日まで。

 県と不破郡関ケ原町が進める「関ケ原古戦場グランドデザイン」の一環。古戦場を中心とした広域観光を推進しようと、同地域の12市町などでつくる西美濃広域観光推進協議会と連携した企画。

 参加方法は、専用サイト「西美濃ワンダーGO スタンプラリー」に登録。大垣市、海津市、同郡垂井町、関ケ原町の4市町にある史跡など計10カ所にQRコードの看板が設置されており、スマートフォンで読み取ってスタンプを集める。2市町以上でスタンプを集め、関ケ原駅前観光交流館(関ケ原町関ケ原)で見せると先着300人に特製エコバッグがもらえる。全て集めて応募すると、先着300人に特製ピンバッジ、抽選で30人に西美濃地域にある温泉の入浴券(1人分)が贈られる。

 専用サイトのアドレスは、http://n−wondergo.com