信長読本、一転刷り直し SNSで反響、謝罪 − 岐阜新聞 Web
信長読本、一転刷り直し SNSで反響、謝罪
2017年02月10日08:49
写真:信長読本、一転刷り直し SNSで反響、謝罪
誤表記が見つかった雑誌。地図では岐阜市に「三重」、岐南町、笠松町に「愛知」と表記されている

 出版大手KADOKAWA(東京都)が1月30日に出版した雑誌「岐阜信長 歴史読本」で約30カ所の誤表記が見つかった問題で、同社は9日、雑誌を刷り直すことを決めた。当初、正誤表で対応する考えを示していたが「問い合わせも多く、読者に申し訳ない」と決めた。完成次第、購入者に交換対応をする方針。

 雑誌では、地図中で岐阜市を「三重」、羽島郡岐南町と笠松町を「愛知」と誤表記。ホテルのハイグレードを「廃グレード」とする記述もあった。岐阜市教育委員会は編集に協力したほか、広告費として約460万円を支払い、約104万円で千部を購入していた。

 9日、同社の三宅明担当部長が岐阜市役所を訪れ、校正の責任が同社にあることを認めて謝罪した。市教委は書店からの回収、ミスの修正と刷り直し、市が買い取った千部の交換を求め、同社は「善処する」と回答した。

 雑誌は初版が1万部で、既に約2千部が売れているという。同社の担当者は本紙の取材に「誤植がかなり多く、途方に暮れるレベル。刷り直すことで読者に誠意を示したい」と話し、店頭からの回収については「取次店などと協議して決めたい」と述べた。

 一方、編集・校正として雑誌に名を連ねる都内の編集プロダクションは、ホームページに「問題の箇所には間違いの訂正指示を入れ、納品した。弊社校正後の段階で不具合が生じた」と掲載した。

 誤表記については、ツイッターなど会員制交流サイト(SNS)でも反響が大きく、「普通こんなミスしたら刷り直しやろ!」「『廃グレードホテル』って、誰がそんな物騒な宿に泊まるんだよ」などの書き込みも相次いだ。


【移動編集局】「信長450」