そそり立つ氷壁 チャオ御岳でアイスクライミング − 岐阜新聞 Web
そそり立つ氷壁 チャオ御岳でアイスクライミング
2017年02月14日08:54
写真:そそり立つ氷壁 チャオ御岳でアイスクライミング
垂直に立つ氷壁に挑む利用者ら=高山市高根町日和田、チャオ御岳スノーリゾート

 岐阜県高山市高根町日和田のスキー場チャオ御岳スノーリゾートにアイスクライミングの氷壁が設置され、練習を重ねる県内外の登山者でにぎわっている。

 氷壁は高さ約11メートル、幅約11メートル、奥行き約6メートル。昨年12月から金属管で組んだ足場にネットを掛け、上から水を少しずつ流して凍らせて製作した。

 訪れた登山者は、垂直にそそり立つ氷壁にピッケルやアイゼンをかませて頂上を目指した。三重県四日市市から山岳会の仲間と訪れた田山剛さん(63)は「垂直で実際の山に比べて難しいが安全に練習できる。スタッフから教わる事も多い」と何度も氷壁にアタックした。

 利用の申し込みは2人以上からで1人2千円。3月末ごろまで利用できる。初心者向けに道具のレンタルのほか、日曜日に体験会を実施している(1回500円)。問い合わせは同スキー場、電話0577(59)3620。