高山線で期間限定観光列車 5月運行 − 岐阜新聞 Web
高山線で期間限定観光列車 5月運行
2017年03月03日08:36

◆景勝地で徐行、制服体験

 JR東海は2日、5月に観光列車「ぬくもり飛騨路号」を高山線で運行する、と発表した。計6日間限定で、名古屋―飛騨古川間を1日1往復する。「ワイドビューひだ」の車両を使用し、飛水峡や中山七里などの沿線の景勝地付近で徐行運転し車窓からゆっくりと景色を眺められるようにする。

 車内では、子ども向けの乗務員制服着用体験などのイベントを予定。下呂駅では約20分間停車し、特産品の販売などを行う。運行日は土・日曜日(5月13、14、20、21、27、28日)。急行券と指定席券が必要。乗車日1カ月前から主要駅で発売する。

 また、春の高山祭(4月14、15日)とユネスコ無形文化遺産登録記念イベント(同29、30日)に合わせ、4月14、29日に特急「ワイドビューひだ」を臨時増便する。高山駅を午後8時44分に出発、滞在時間が約2時間長くなり、高山祭では夜祭が楽しめるようになる。