岐阜和傘×戦国無双 等身大パネル展示 − 岐阜新聞 Web
岐阜和傘×戦国無双 等身大パネル展示
2017年03月04日08:44
写真:岐阜和傘×戦国無双 等身大パネル展示
新たに制作された信長と濃姫の等身大パネルを設置する岐阜市職員=岐阜市橋本町、市観光案内所

 大人気アクションゲーム「戦国無双」に登場する織田信長と濃姫の“岐阜市限定イラスト”がこのほど完成した。市の伝統工芸品「岐阜和傘」を手にしたデザイン。等身大パネルがJR岐阜駅構内にある岐阜市観光案内所(同市橋本町)などに設置されている。

 市信長公450(よんごーまる)プロジェクトの一環。戦国無双キャラクターのうち信長と関係する武将や姫をかたどった等身大パネルが金華山一帯で展示されているが「岐阜ならではの信長、濃姫を」とゲームを手掛けるコーエーテクモゲームス(横浜市)が新たにイラストを制作した。

 信長は黒地に金の家紋などをあしらった岐阜和傘を誇らしげに差している。濃姫はあでやかな紫地に無数の白いチョウが飛ぶ模様の岐阜和傘を手にポーズを取っている。

 等身大パネルは市観光案内所のほか、金華山頂レストラン和室で展示されており、観光客らの目を引いている。


【移動編集局】「信長450」