FC岐阜、食らいつく 名岐ダービードロー − 岐阜新聞 Web
FC岐阜、食らいつく 名岐ダービードロー
2017年03月05日09:11
写真:FC岐阜、食らいつく 名岐ダービードロー
「名岐ダービー」の初戦、2万人を超す観衆の下でピッチを駆けるFC岐阜イレブン=4日午後3時13分、愛知県豊田市、豊田スタジアム

 明治安田J2の第2節は4日、5試合を行った。FC岐阜はアウェーの豊田スタジアム(愛知県豊田市)で名古屋と対戦し、1−1。開幕から2戦連続で引き分けとなった。

 岐阜の前半は、ボールを保持して主導権を掌握。前に圧力を掛ける守備からボールを奪い、FW古橋やMFシシーニョがシュートを放ったが、得点には至らなかった。

 後半は名古屋の攻撃に耐えながら試合を進め、34分にシシーニョからパスを受けたFW田中が、左足を振り抜いて岐阜が先制。その後も粘り強い守備を見せていたが、終了間際の45分にCKから失点して勝利を逃した。

 第3節の岐阜は12日、ホームの長良川競技場で松本と戦う。