カラフルタウン改装完了 新形態「ニトリ」など出店 − 岐阜新聞 Web
カラフルタウン改装完了 新形態「ニトリ」など出店
2017年03月16日08:18
写真:カラフルタウン改装完了 新形態「ニトリ」など出店
県内で初出店となるニトリの新形態店舗=岐阜市柳津町丸野、カラフルタウン岐阜

◆18日グランドオープン

 2年かけて段階的に進めてきた大型ショッピングセンター(SC)カラフルタウン岐阜(岐阜市柳津町丸野)の大規模リニューアルが完了し、18日、グランドオープンする。今回の目玉は、家具・インテリア用品ニトリの新形態店舗が県内で初めて出店する。地域の顧客ニーズに応じて施設の魅力を高め、新規顧客とリピーターを獲得する。

 リニューアルは2015年から行われ、過去最大規模。総投資額は約15億円。グランドオープンに合わせた今回のリニューアルは、女性や家族連れの要望に応えた施設づくりに注力した。9店が新規出店し、21店が移転・改装。改装した総面積は約1万6千平方メートル。

 ニトリは2階に店舗を構え、面積は約2千平方メートル。コンパクトな都市型店と大規模な路面店が融合した新しい中規模の「ハイブリッド型店舗」。生活必需品などに加え、ライフスタイルを充実する提案型商品も扱う。ほかに、ファッション関連のフィットハウスや生活雑貨のスリーコインズなども出店する。いずれも17日に先行オープンする。

 これまでのリニューアルでは、1、2階で展開してきたイトーヨーカドー柳津店を1階に集約。家電専門店のジョーシンが出店したほか、ベビー用品のアカチャンホンポの改装などを実施した。

 同SCはトヨタオートモールクリエイト(名古屋市)が運営し、2000年に開業。一時は周辺SCとの競争が激化し、来場者数が伸び悩んだ時期もあったが、近年は回復傾向にあり、17年度は来場者数800万人を目指し、回復スピードを高める。

 仁科正夫プレジデントは「2年かけて魅力向上に努めてきた。地域で長く愛される施設にしたい」と話す。


【移動編集局】「信長450」