宇宙藻クッキー発売 中学生プロデュース − 岐阜新聞 Web
宇宙藻クッキー発売 中学生プロデュース
2017年03月17日09:18
写真:宇宙藻クッキー発売 中学生プロデュース
プロデュースした商品をPRする生徒たち=岐阜市役所

 岐阜市切通の長森南中学校2年生約130人が本年度、商品プロデュースを実際に体験するプログラムに参加している。今月から、生徒たちがパッケージをデザインした商品の販売が、インターネットの通販サイトで始まった。

 プログラムは、岐阜銀行協会が支援するキャリア教育支援事業(起業家教育)として、NPO法人「MeetsVision」(同市)が運営している。

 題材とした商品は国際宇宙ステーションに滞在した藻の一種「イシクラゲ」を培養し、健康にも良い素材として生地に練り込んで仕上げたクッキー。生徒たちは昨年11月から商品の特長や顧客ターゲットなどについて検討を重ねた。その上で四つのクラスごとにネーミングや商品の袋に貼るラベルのデザインを考え、パッケージの違う4種類の商品が出来上がった。

 代表の生徒8人がPRのため市役所を訪れ、それぞれが手掛けたパッケージデザインに込めた思いなどを披露。「インパクトを出すため、面白みのあるキャラクターを前面に押し出した」「“神ってる”という流行語を使うことで印象に残るよう工夫した」「宇宙が好きな小さい子に親しみやすいデザインにした」と話した。

 各種類250袋を製造。インターネットショッピングモール「楽天市場」で販売されており、1袋がクッキー10枚入りで583円(送料別)。


【移動編集局】「信長450」