家族で観戦、FC岐阜支える 全体の6割超占める − 岐阜新聞 Web
家族で観戦、FC岐阜支える 全体の6割超占める
2017年03月18日09:18
写真:家族で観戦、FC岐阜支える 全体の6割超占める
今季開幕戦で声援を送る岐阜のサポーター=2月26日、長良川競技場

 Jリーグは2016年の観戦者調査の結果を発表し、リーグ全体の平均年齢は41.6歳だった。FC岐阜は平均よりも1.6歳高い43.2歳。女性観戦者の割合は、38.7%(平均37.6%)だった。

 家族と来場する観戦者がリーグ全体で52.8%と最も多く、岐阜は61.5%で全40クラブ中6番目の高さ。同伴者数は2.6人(同2.8人)だった。シーズンチケットの購入理由に「クラブに愛着」と回答した観戦者は、リーグ全体で71.8%。岐阜は83.3%に上り、全クラブで最も高かった。

 今季、岐阜はターゲット層の家族連れの増加を狙い、ホーム戦チケット価格の値下げを実施。さらに女性観戦者を増やすため、女性向け商品の開発などを進めている。

 クラブの宮田博之社長は、リーグ開幕前の会見で「(J2参入10年目の)大きな節目にチームも会社も変える」と述べ、残留争いからの脱却やサポーター向け施策の充実に意欲を示していた。

 岐阜での調査は、第21節京都戦(昨年7月3日・長良川競技場)で500人に実施。81%の有効回答を得た。


【移動編集局】「信長450」