待望の開店、大盛況 柳ケ瀬に「ブルーブルー」 − 岐阜新聞 Web
待望の開店、大盛況 柳ケ瀬に「ブルーブルー」
2017年03月21日07:50
写真:待望の開店、大盛況 柳ケ瀬に「ブルーブルー」
オープン初日に大勢の客が詰め掛けた店内=岐阜市日ノ出町、ブルーブルー岐阜

 岐阜市日ノ出町、柳ケ瀬商店街のロイヤルビルに20日夜、人気アパレルブランド「ハリウッド ランチ マーケット(ハリラン)」の姉妹ブランド「BLUE BLUE(ブルーブルー)」の直営店がオープンし、約700人の客らが詰め掛けた。

 同ブランドは県内初出店。店舗面積は約130平方メートル。30〜40代をメインターゲットにオリジナルジーンズやトレーナーなど500〜700種類のアイテムを販売する。

 この日は、入店待ちの客が列をつくり、同店オリジナルのTシャツなどをわれ先にと買い求めた。山県市の女性公務員(47)は「これまでは神戸や名古屋で買っていた。手触りや香りを感じられる店が近場にできて、うれしい」と喜んでいた。

 ブランドのメーカー聖林公司社長のゲン垂水さん(74)は「柳ケ瀬は昔から待ち合わせて食事をする文化のあった雰囲気のある場所。店から新しいことを発信したい」と話した。

 岐阜柳ケ瀬商店街振興組合連合会の林亨一理事長(50)は「こだわりの品を求める客に毎日来てもらえる流れを柳ケ瀬につくる中心になってもらえる店」と歓迎した。


【移動編集局】「信長450」