信長読本「直しました」 岐阜市に持参 − 岐阜新聞 Web
信長読本「直しました」 岐阜市に持参
2017年03月28日09:05

◆改定版、31日発売

 雑誌「岐阜信長 歴史読本」で約30カ所の誤表記が見つかった問題で、発行したKADOKAWA(東京都)は31日、改定版を発売する。同社ビジネス・生活文化局長らが27日、岐阜市役所を訪れ、改定版を持参し誤表記の原因や経緯などを報告した。

 同社は、誤表記が起きた原因について「製作過程におけるスケジュール管理の不備」や「組織的なチェック体制が機能していなかった」と話し、再発防止策について「公表の予定はない」とした。

 改定版は、校正・校閲作業を委託した専門会社の修正指示や市教育委員会の再点検などを反映させた上で再編集した。初版と同じ1万部を刷る。交換希望者にも対応する。

 市教委は雑誌の編集に協力したほか、広告費として約460万円を支払い、約104万円で千部を購入していた。改定版の問い合わせは同社カスタマーサポート、電話0570(002)301。