ゆらり水都の花見 たらい舟運航 − 岐阜新聞 Web
ゆらり水都の花見 たらい舟運航
2017年04月16日08:56
写真:ゆらり水都の花見 たらい舟運航
桜を眺めながら舟下りを楽しむ観光客ら=15日午前9時53分、大垣市船町、水門川

 岐阜県大垣市中心部を流れる水門川をたらい舟で下る「水の都おおがきたらい舟」(大垣観光協会主催)の運航が15日、始まった。家族連れらが川沿いに連なる桜を眺めながら、舟下りを楽しんだ。

 たらい舟は、市営東外側駐車場前から奥の細道むすびの地記念館前までの1・1キロを30分かけて下る。3人乗りが18艘(そう)あり、1日6回運航する。

 この日は、桜のトンネルの中を舟がゆらゆらと進み、花びらが舞うたびに乗船客が歓声を上げていた。

 5月7日までの土、日曜日、祝日に運航する。