金沢と「白山ダービー」 FC岐阜、2試合でイベント − 岐阜新聞 Web
金沢と「白山ダービー」 FC岐阜、2試合でイベント
2017年04月18日08:22
写真:金沢と「白山ダービー」 FC岐阜、2試合でイベント
会見で、「白山ダービー」で実施するイベントなどを説明するFC岐阜の宮田博之社長=岐阜市曽我屋、市スポーツ交流センター

 サッカーのFC岐阜は、ツエーゲン金沢(石川)と戦う今季のJ2リーグ戦2試合(第10節、第40節)を「白山ダービー」と銘打って、試合を盛り上げるとともにさまざまなイベントを展開する。

 白山は岐阜、石川県などにまたがる日本三名山の一つ。今年で開山1300年を迎える節目に、FC岐阜側が金沢にダービー開催を持ち掛けた。

 岐阜市長良福光の長良川競技場で行われるホーム戦は、4月29日の第10節。両クラブのマスコットによるPK対決やオリジナルグッズのプレゼント、ダービーを記念したタオルマフラーの限定販売などのイベントが予定されている。屋台村には金沢カレーや能登豚串など、石川県の名物を販売するブースが出店される。

 FC岐阜の宮田博之社長は「どこにもない新しいスタジアム文化を楽しんでいただきたい」と話し、ホーム戦で8千人の来場を目指す。金沢市で行われる11月5日の第40節でも、同様のイベントが開催される。