1人乗り二輪車でバラ観賞 花フェスタ公園 − 岐阜新聞 Web
1人乗り二輪車でバラ観賞 花フェスタ公園
2017年04月18日09:13
写真:1人乗り二輪車でバラ観賞 花フェスタ公園
実験的に導入する立ち乗り二輪車「ウィングレット」。園内を気軽に周遊できる=可児市瀬田、花フェスタ記念公園

 5月13日に開幕する花フェスタ記念公園(岐阜県可児市瀬田)の「春のバラまつり」に合わせ、県はトヨタ自動車が開発した1人乗り二輪車「ウィングレット」で園内周遊するツアーを6月10〜25日の土日曜日限定で企画した。ツアーに先行して試乗体験を開幕前の5月1日からスタートする。トヨタの関連施設以外でウィングレットに試乗できるのは珍しいという。

 ウィングレットは、体重移動で簡単に操作できる電動立ち乗り二輪車。最高速度は人が歩くスピードと同じ時速6キロ程度で、期間中は操作しやすいハンドルの長いモデルを使用する。

 周遊ツアーは、花トピア前広場から東ゲート付近までの約500メートルを移動しながら園内を観賞する。料金は1千円で、所要時間は約40分。

 試乗体験は、5月1〜7日と同13日から6月25日までの土日曜日に実施。同広場周辺で20分程度の試乗が楽しめる。料金は500円。

 当面は5、6月限定で実験的に導入するが、県は園内周遊できるスローモビリティーの導入を検討しており、「導入が可能かどうかも見極めたい」と話している。