貫禄の美、輝く夜 郡上市「善兵衛桜」見頃 − 岐阜新聞 Web
貫禄の美、輝く夜 郡上市「善兵衛桜」見頃
2017年04月19日08:46
写真:貫禄の美、輝く夜 郡上市「善兵衛桜」見頃
立派な枝ぶりが特徴の善兵衛桜=岐阜県郡上市明宝大谷

 岐阜県郡上市明宝大谷の市天然記念物「善兵衛桜」が見頃を迎え、地元有志「善兵衛桜を守る会」(大坪善典会長)によるライトアップが行われている。

 善兵衛桜はエドヒガンザクラで推定樹齢約300年。地域の旧家・鈴木家の墓標として植えられ、代々当主が善兵衛を名乗っていたことにちなんで名付けられた。竹やぶに埋もれていたが、17年ほど前の河川改修をきっかけに見つかってから保護の話が持ち上がり、2004年に守る会が発足した。以後手入れを続けている。高さ約17メートル、立派な枝ぶりが特徴で支柱なしで自立している。

 大坪会長(66)は「善兵衛桜は地元の宝。300年という時間を経た歴史や風格のある木。近くの人も見に来てほしい」と話している。

 ライトアップは午後6時30分から同9時まで。今週末ごろまで楽しめるという。