岐阜市の農産物PR 「ぎふベジガール」始動 − 岐阜新聞 Web
岐阜市の農産物PR 「ぎふベジガール」始動
2017年05月20日09:36
写真:岐阜市の農産物PR 「ぎふベジガール」始動
ぎふベジイメージガールに決まった緒方舞さん(左)と臼田絵里菜さん=岐阜市役所

 岐阜市内産の農産物「ぎふベジ」をPRする「ぎふベジイメージガール」の女性3人が決まり、19日に市役所で「“ぎふベジ”の良さを発信したい」などと意気込みを語った。

 市は枝豆やイチゴ、ダイコン、ホウレンソウなど市内で生産された農産物のブランド化を図っており、昨年末には専用ウェブサイトを開設。2月には会員制交流サイト(SNS)も立ち上げる一方で、イメージガールの選考も進めていた。

 応募した県内の女性107人の中から選ばれたのは、8カ月の長女がいる主婦の緒方舞さん(26)=笠松町=と、東海学院大3年の臼田絵里菜さん(20)=岐阜市=、管理栄養士の浅井悠帆さん(26)=瑞穂市=。任期は来年3月までで、ケーブルテレビのタイアップ番組や専用ウェブサイト向けのリポート動画への出演、関連イベントへの参加などを予定している。

 市役所には2人が訪れ、緒方さんは「母親目線でぎふベジの良さを発信したい」と笑顔。臼田さんは「(岐阜美少女図鑑のモデルとして)ケーブルテレビの番組で農家を訪ね、発見があった。魅力を伝えていけたら」と意気込んだ。3人が活躍する専用ウェブサイトのアドレスはhttp://gifuvege.jp