男性はねた疑いで逮捕 一方通行逆走注意され憤慨 − 岐阜新聞 Web
男性はねた疑いで逮捕 一方通行逆走注意され憤慨
2017年06月14日08:36

 岐阜県警加茂署は13日、逆走を注意した男性を車ではねてけがを負わせたとして傷害の疑いで、美濃加茂市の飲食店経営の容疑者(60)を逮捕した。男性は小学生の登校を引率中だった。

 逮捕容疑は、今年5月15日午前7時30分ごろ、同市古井町の市道で乗用車を運転し、路側帯を歩いていた同市の自営業男性=当時(44)=をはね、腰などに軽傷を負わせた疑い。

 署によると、容疑者は一方通行規制の市道を逆走。男性に車を止められ注意されたことに憤慨し、車を発進させてはねたという。男性は児童の列の最後尾で引率していた。容疑者は男性をはねた後、Uターンし走り去った。「車は停止していた。(男性が)勝手に倒れた」と容疑を否認している。