違法ヘルス疑い、大垣の店舗摘発 県警、経営者逮捕 − 岐阜新聞 Web
違法ヘルス疑い、大垣の店舗摘発 県警、経営者逮捕
2017年06月15日07:50

 岐阜県警生活環境課と大垣署は14日、違法に個室ファッションヘルスを営業したとして、風営法違反(無届け、禁止地域営業)の疑いで、大垣市鶴見町の韓国式エステ店「ルビー」を摘発し、愛知県知立市南新地、韓国籍の経営者(54)を逮捕した。

 逮捕容疑は、県公安委員会に届け出をせず、2月15日〜5月25日の間、営業が禁止されている県内で個室ファッションヘルスを営み、客に性的サービスをした疑い。署によると、同店が性的サービスをしているという情報があり、捜査していた。容疑を認めているという。