外国人が好きなあられ“市場調査” 県岐阜商高LOB部 − 岐阜新聞 Web
外国人が好きなあられ“市場調査” 県岐阜商高LOB部
2017年06月16日09:44
写真:外国人が好きなあられ“市場調査” 県岐阜商高LOB部
あられを試食してもらい、アンケートを取る生徒=高山市西之一色町、高山グリーンホテル

 外国人が好きなあられの味は−。県岐阜商業高校(岐阜市則武新屋敷)のLOB(リーダー・オブ・ビジネス)部の3年生5人が15日、高山市で、外国人観光客にあられの試食アンケートを行った。企業経営などを学ぶLOB部は現在、十六銀行のサポートを受けて、あられを開発中。アンケート結果を基に商品に磨きを掛け、8月に香港で開かれるアジア最大級の食品見本市「香港Food Expo 2017」に出品する。

 調査は高山グリーンホテル(高山市西之一色町)で行い、いりこ味やわさびチーズ味など11種類のあられを並べた。

 生徒たちは積極的に英語で話し掛け、オーストラリアやインドなどの外国人宿泊者に、食感や味、色、形、大きさの5項目を判定してもらった。チョコあられフランボワーズ味やゴマ大豆味が人気を集めたという。

 古關萌さんは「アンケートの結果を参考に改良し、良い商品を香港に持っていきたい」と意気込んでいた。

 生徒らは、古い町並みにある舩坂酒造店や十六銀行高山支店前などでも調査を行った。