つぶらな瞳、蚊もコロリ 多治見市で製作 − 岐阜新聞 Web
つぶらな瞳、蚊もコロリ 多治見市で製作
2017年06月17日07:21
写真:つぶらな瞳、蚊もコロリ 多治見市で製作
製作の最盛期を迎えている「蚊やりブタ」=多治見市高田町、高田民窯ヤママル

 本格的な夏の到来を前に、中に蚊取り線香を入れる陶器の「蚊やりブタ」の生産が、岐阜県多治見市高田町の高田焼の窯元で最盛期を迎えている。

 高田民窯ヤママルでは、大小や色の違う6種類約800個を製作する。全国の雑貨店などで販売されるという。

 工場では素焼きされた物が板の上に並べられ、一つ一つ丁寧に筆で模様付けされていた。代表の加藤憲作さん(49)は「蚊やりブタで夏の雰囲気を楽しんで」と話していた。