「名探偵コナン」岐阜市が舞台 今秋放送 − 岐阜新聞 Web
「名探偵コナン」岐阜市が舞台 今秋放送
2017年07月04日09:24
写真:「名探偵コナン」岐阜市が舞台 今秋放送
アニメ「名探偵コナン」のトークショーを告知するポスター=岐阜市役所

◆8月に声優・高山みなみさんトークショーも

 人気アニメ「名探偵コナン」の番組で「岐阜市篇(仮)」が今年秋に放送される。織田信長の岐阜入城・岐阜命名450年を迎えた岐阜市を、主人公の江戸川コナンらが訪れる。黄金の信長像や岐阜城、長良川鵜飼なども登場する予定。市信長公450(よんごーまる)プロジェクト実行委員会は8月12日、放送記念トークショーを開催する。

 同実行委がプロジェクトの一環で誘致。番組では、450年記念を迎えた市内をコナンらが訪問し、事件に巻き込まれていく。13日からみんなの森ぎふメディアコスモス(同市司町)で始まる企画展「体感!戦国城下町・岐阜 信長公ギャラリー」も訪れる予定。番組の正式なタイトルや放送日時は8月12日までに公表予定。

 トークショーは8月12日午後2時から、同市橋本町のじゅうろくプラザで開催。コナンの声優高山みなみさんと、番組を制作する読売テレビチーフプロデューサー諏訪道彦さんが登壇する。諏訪さんは4月にロケハンで市内を訪れており、番組の裏舞台を披露する。入場無料。事前申し込みが必要で、7月24日までに往復はがきに住所、氏名、電話番号、2人への質問などを書いて市役所内の実行委事務局へ送る。定員600人(申し込み多数の場合は抽選)。

 実行委担当者は「アニメを見て、コナン君と同じように岐阜市を観光してほしい」と話している。問い合わせは実行委事務局、電話058(213)0450。

関連記事:岐阜市舞台コナン、タイトルは「ノブナガ四五〇事件」