FC岐阜の女性スタッフ活躍 今春入社の岩崎さん − 岐阜新聞 Web
FC岐阜の女性スタッフ活躍 今春入社の岩崎さん
2017年07月10日08:17
写真:FC岐阜の女性スタッフ活躍 今春入社の岩崎さん
FC岐阜での仕事のやりがいや、今後の目標を話す岩崎真央さん=岐阜市長良福光、長良川スポーツプラザ

◆元選手「サッカー好き増やす」

 サッカーの普及や地域貢献活動に力を入れるFC岐阜で、4月に入社した女性スタッフが活躍している。名古屋市出身の岩崎真央さん(31)が、サッカー教室などのイベントを行うホームタウンチームに加わった。自身が選手だったこともあり「サッカーが好きな人を一人でも多く増やしたい」と熱意を語る。

 岩崎さんは高校、大学の選手時代に、愛知県代表で全国大会に出場。卒業後は一般企業への就職を経て、今年3月までの5年間、同県の18歳以下女子選抜や、私立高校女子サッカー部のコーチを務めた。

 「Jリーグチームで、幅広い年代の人と関わりたい」との思いで今年1月、FC岐阜へ転職を決意。先輩スタッフのアドバイスや今までの経験を生かし、入社した4月から、県内各地の幼稚園や高齢者施設の訪問など、月に40回ほどある活動に熱心に取り組む。

 入社してわずか3カ月だが、クラブとともに県内女子サッカー選手の競技人口拡大も目指している。5月に県サッカー協会と協力し、女子限定のサッカーイベントを開催。さらに10月から始まる、週に1回の女子サッカー教室のコーチにも決まった。「初心者も大歓迎。みんなに楽しんでもらえるはず」と心待ちにする。

 やりがいは、サッカーの楽しさを知った時に見せる相手の笑顔。「地道な活動を続け、サッカーとFC岐阜を広めていきたい」。チャレンジは始まったばかりだ。


【移動編集局】「信長450」