口裂け女が帰ってくる 金神社舞台、来月イベント − 岐阜新聞 Web
口裂け女が帰ってくる 金神社舞台、来月イベント
2017年07月12日08:45
写真:口裂け女が帰ってくる 金神社舞台、来月イベント
神社での肝試しなどを発表する吉村輝昭代表(中央)ら=岐阜市柳ケ瀬通、柳ケ瀬あい愛ステーション

 岐阜発祥の都市伝説「口裂け女」が登場するホラーイベント「岐阜柳ケ瀬 恐怖の夏祭り」が8月13、14の両日、岐阜市金町の金公園を主会場に開かれる。公園内にある金神社の境内を舞台にした肝試しを行う。

 民間のまちづくり団体「『やながもん』柳ケ瀬お化け屋敷製作委員会」が主催し、岐阜柳ケ瀬商店街振興組合連合会が共催する。

 肝試しは参加者が「お札」を持ち帰る“ミッション型”になる予定。「恐怖の縁日」と題して口裂け女のメークを体験できるブースや口裂け女と写真が撮れるブースなどを設ける。

 同委員会は同市柳ケ瀬通の柳ケ瀬あい愛ステーションで会見を開き、吉村輝昭代表は「柳ケ瀬の回遊性も視野に入れたイベントにしたい」と話した。

 昨夏は約2カ月間にわたりお化け屋敷を設け、約1万4500人を集客した。今年は、会場確保などの問題から規模を縮小した。