円空大賞にオリベイラ氏 ブラジルの彫刻家 − 岐阜新聞 Web
円空大賞にオリベイラ氏 ブラジルの彫刻家
2017年07月12日08:48
写真:円空大賞にオリベイラ氏 ブラジルの彫刻家
エンリケ・オリベイラさんの作品「Desnatureza」=(C)撮影・オーレリアン・モール

 岐阜県は11日、「第9回円空大賞」に彫刻家エンリケ・オリベイラさん(43)=ブラジル・サンパウロ出身=が決まった、と発表した。円空賞には、画家の佐藤昌宏さん(62)=岐阜市出身=ら4人が選ばれた。

 江戸期に美濃で生まれ、修行僧として全国を行脚しながら12万体の木彫りの神仏像を制作したとされる円空。大賞は、土着的で独創的な円空を連想させる業績のある作家を顕彰し、芸術文化の振興と郷土への誇りの醸成を図ろうと、1999年度に制定された。

 オリベイラさんは、木材を生かしたインスタレーションや彫刻を手掛け、作品の数々が円空彫りを思い起こさせる生の強いエネルギーにあふれているとして評価された。

 円空賞には佐藤さんのほか、造形作家の庄司達さん(77)=京都府出身=、彫刻家の土屋仁応さん(40)=神奈川県出身=、現代美術家宮本勉さん(86)=富山県出身=が選出された。

 授賞式は、来年2月2日に岐阜市宇佐の県美術館で行われ、同日から3月11日まで同館で「円空大賞展」が開かれる。