台風5号、県内に接近へ − 岐阜新聞 Web
台風5号、県内に接近へ
2017年08月07日12:00

 台風5号は、7日夜遅くから8日未明にかけて岐阜県内に最も接近する見込み。8日正午までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で美濃地方は300ミリ、飛騨地方は200ミリで、岐阜地方気象台は土砂災害や河川の氾濫などへの警戒を呼び掛けている。

 8日にかけて予想される1時間雨量は、美濃、飛騨地方ともに多い所で80ミリ。南東や南に開けた斜面を中心に、局地的に猛烈な雨が降る恐れがある。最大瞬間風速は美濃、飛騨地方ともに30メートルが予想される。

 台風接近の影響は7日午前11時の段階で出始めている。JR東海は、高山線の美濃太田−猪谷で午後2時から、中央線の中津川−塩尻で午後3時から、いずれも上下線の運行を見合わせる。この影響で、特急のワイドビューしなの、ワイドビューひだは各11本が運休。また、東海道線と中央線は、ともに運行本数を5〜7割とする。

 同日夜の岐阜市の長良川鵜飼、関市の小瀬鵜飼、郡上おどりは中止となった。