野田総務相、岐阜入り 初の公務 消防操法大会に出席 − 岐阜新聞 Web
野田総務相、岐阜入り 初の公務 消防操法大会に出席
2017年08月07日09:28
写真:野田総務相、岐阜入り 初の公務 消防操法大会に出席
初の公務として県消防操法大会に出席し、会場を回る野田聖子総務相=6日午前8時53分、岐阜県瑞穂市大月、中山道大月多目的広場

 野田聖子総務相=衆院岐阜1区=は6日、初の公務として瑞穂市内で開かれた県消防操法大会に出席した。3日の入閣後、初めての岐阜入りで、消防団員やその家族から握手を求められるなど歓迎を受けた。

 午前8時ごろ、野田総務相が会場に到着すると、古田肇知事ら大会関係者が笑顔で出迎えた。開会式で野田総務相は「近年は各地で大規模な自然災害や火災が多発し、改めて消防団の重要性が認識されている」とあいさつした。

 式後は、団員が待機するテントを回り、握手しながら団員らを激励した。記者団に対し「もともと出席するつもりだった大会が初の公務となり、最高のスタート。与えられた役割を淡々とこなしたい」と語った。