うながっぱ生誕10周年 市民から熱い祝福 − 岐阜新聞 Web
うながっぱ生誕10周年 市民から熱い祝福
2017年08月17日08:56
写真:うながっぱ生誕10周年 市民から熱い祝福
うながっぱの10周年を祝う市民ら=多治見市音羽町、TREE by NAKED tajimi

 岐阜県多治見市のマスコットキャラクター「うながっぱ」の生誕10周年を記念したイベント「うながっぱのお誕生日会」が16日、多治見市音羽町のJR多治見駅北で開かれ、延べ500人以上の市民らがお祝いに駆け付けた。

 うながっぱは、同市が当時の日本最高気温40・9度を記録した2007年8月16日に、市内の虎渓山の麓から現れたとされる。漫画家の故やなせたかしさんがデザインした。

 「幸せを運ぶ」という市内でしか見られないピンク色のうながっぱが、胸に大きなリボンを着けて登場。来場者全員でバースデーソングを歌い、10周年をお祝いした。古川雅典市長は「うながっぱを中心として元気なまちをつくっていく思いを新たにしよう」とあいさつした。キッズダンスやクラウンのパフォーマンスもあり、誕生日に花を添えた。

 うながっぱは「今日はお祝いありがとううな。これからもずっと応援よろしくうな」と喜びを表現した。