郡上おどり、仲間の輪 団体コンクール − 岐阜新聞 Web
郡上おどり、仲間の輪 団体コンクール
2017年08月20日08:10
写真:郡上おどり、仲間の輪 団体コンクール
息の合った春駒を披露する参加者=19日午後8時14分、郡上市八幡町の立町通り

 第52回郡上おどり団体おどりコンクール(岐阜新聞・ぎふチャン、郡上おどり運営委員会主催、キリンビール特別協賛)が19日夜、岐阜県郡上市八幡町の立町通りで開かれ、市内外の郡上おどり愛好者のチームが息の合った踊りを披露した。

 地元の日吉神社の縁日に合わせて毎年開催されている郡上おどりのイベントの一つ。1チーム5人編成で、踊りの腕前やチームワークの良さなどを競う。今年は、中学生以下の「ジュニアの部」に4チーム、市外在住者対象の「市外の部」に12チーム、市内在住者対象の「市内の部」に21チームが出場した。

 審査曲は、ジュニアと市外の部が「かわさき」、市内の部が「春駒」で、そろいの浴衣に身を包んだ出場者らは調子の合った踊りを披露。会場には気合の入った掛け声が響き渡った。