電線から火花 県内でもトラブル相次ぐ − 岐阜新聞 Web
電線から火花 県内でもトラブル相次ぐ
2017年09月23日09:29

 岐阜県内各地の屋外の電線から火花が出るトラブルが相次いでいる。中部電力によると、台風18号の影響とみられ、22日午後4時時点で約10件発生。建物などへの延焼は確認されていない。

 中電によると、台風の強風で運ばれた塩分や不純物が住宅などへ電気を引き込む電線の表面に付着し、雨水が染み込みショートしたことが原因とみられる。20日にも同様のトラブルが約40件あり、天気の良かった21日は被害が確認されていないという。

 岐阜市消防本部によると、岐阜市では22日午後4時以降もトラブルが相次ぎ、午後5時ごろから同7時ごろにかけて「電線から火が出ている」などの通報が5件あった。