ミス富有柿4人決まる 本巣の味PR − 岐阜新聞 Web
ミス富有柿4人決まる 本巣の味PR
2017年10月03日08:39
写真:ミス富有柿4人決まる 本巣の味PR
ミス富有柿に決まった女性たち=本巣市見延、JAぎふ糸貫支店

 岐阜県本巣市の特産で「甘柿の王様」と称される富有柿をPRする「ミス富有柿」の女性4人が決まった。県内外のイベントやショッピングセンターで販売促進に一役買う。

 選ばれたのはいずれも市内在住で大学1年の土川文菜さん(19)=下福島=と田島実和さん(18)=七五三=、准看護師の中島華奈さん(21)=下真桑=と福田明日香さん(21)=上真桑=。市内在住か在勤の18歳以上を対象に募った。任期は2年間。

 同市見延のJAぎふ糸貫支店で1日にあった認定式には3人が出席。主催者のマル糸柿振興会の松尾学委員長が「1年間かけて一生懸命に作った全国ナンバーワンの柿。消費者に喜んで買ってもらえるようにPRしてほしい」と述べ、1人ずつに認定証を手渡した。

 土川さんは「柿は大好き。いろんな地域へのPRを頑張りたい」、田島さんは「軟らかくなった柿をスプーンですくう食べ方が好き」、中島さんは「本巣市の有名なものはと聞かれれば、私も友達も柿と答える。幅広い年齢層に富有柿を知ってもらえるようにしたい」と話した。