「レオナルド×ミケランジェロ展」開幕 − 岐阜新聞 Web
「レオナルド×ミケランジェロ展」開幕
2017年10月05日09:19
写真:「レオナルド×ミケランジェロ展」開幕
日本初公開のミケランジェロの未完作品「十字架を持つキリスト」を鑑賞する出席者。イタリアからも大勢が訪れ、開催を祝った=4日午後1時39分、岐阜市大宮町、市歴史博物館

 5日に開幕する「レオナルド×ミケランジェロ展」の開場式と内覧会が4日、岐阜市大宮町の市歴史博物館で行われた。イタリア・フィレンツェ市の代表団を含む約200人が開催を祝った。

 岐阜市、岐阜新聞社、岐阜放送などでつくる実行委員会主催。

 式では細江茂光岐阜市長が、2年前に代表団が訪伊した経緯を説明。「多くの人の協力に感謝したい。小ぶりな素描が中心だが、本物を見られる貴重な機会を楽しんでほしい」とあいさつ。

 フィレンツェ市のクリスティーナ・ジャーキ副市長は「ルネサンスの偉大さがお分かりいただけるのでは。展覧会で両市の絆が深まる」と話した。

 同展はレオナルド・ダビンチとミケランジェロを対比した初の企画。「この世で一番美しい素描」と評される女性像など二大巨匠による素描30点以上をはじめ、日本初公開のミケランジェロ未完の彫刻「十字架を持つキリスト」、油彩画など約70点を展示する。11月23日まで。